背中ニキビと保湿力

背中ニキビの原因はなんだろうか?

乾燥肌女子が特に重視したいのが、保湿力ではないでしょうか。

背中ニキビは、いくつかの原因が複合的に作用して発生しています。

ニキビ発生のはじめは、肌の乾燥、睡眠不足や疲労・物理的ストレス、そして精神的ストレスです。

ストレスを感じると、交感神経が活発になります。

交感神経が優位の状態になると男性ホルモンが過剰分泌され、本来のホルモンバランスが乱れてしまうという問題が発生します。男性ホルモンには、皮脂分泌の促進、角栓の発生、さらには毛穴の縮小を引き起こす性質があります。

こうして、入り口が小さくなった毛穴に角栓が詰まり、内部に多量の皮脂が閉じ込められるという現象が起こるのです。この状態が、いわゆる白ニキビです。

治療は大人ニキビと同様に、ビタミンC誘導体を含むローションや化粧水による保湿、毛穴をふさいでいる角質を取り去るためにピーリングが中心になります。
ピーリングはクリニックだけでなく、自宅でも手軽に行うことができます。

背中ニキビが大量発生した場合は皮膚科を受診するしかありませんが、軽症であれば自力でケアすることも可能です。

白ニキビのまま悪化しなければ、放っておいても自然治癒する確率が高いのですが、なかなかそう上手くはいきません。

人間の皮膚にはマラセチア菌という常在菌が棲みついており、このマラセチア菌は皮脂を好むという性質を持っています。

皮脂が閉じ込められた白ニキビの内部は、マラセチア菌にとって絶好の環境。
ニキビ内にマラセチア菌が入り込むと、皮脂を餌にどんどん増殖し、皮脂に含まれる中性脂肪を遊離脂肪酸という刺激物質に変えてしまうのです。

こうして毛穴の内部に炎症が生じると、赤く腫れた本格的なニキビへと悪化してしまいます。こうなると、そう簡単に自然治癒はしませんし、治った後に跡が残り、美容面で大きなマイナスを生じてしまう可能性が高いのです。

そもそも、毛穴の縮小、角栓発生が起こらなければ、背中ニキビは生じません。そこで、背中の徹底的な保湿ケアを行いつつ、ストレスの少ない生活習慣を維持することがニキビケアの基本になります。また、シャンプーに含まれるシリコンが毛穴の詰まりを促進することがあるので、ノンシリコンシャンプーに切り替えるというのも間接的に背中ニキビを改善することに繋がります。

清潔な寝具で十分な睡眠をとることは、ストレス緩和にも役立ちニキビ発生も抑えられる一石二鳥のニキビ予防法です。

ビタミンCには皮脂の過剰分泌を抑える作用があるので、ビタミンC誘導体を含有した化粧水、美容液などでケアすることもニキビの予防、改善に効果的です。

セラミド
セラミドは、角質層の細胞の間に存在し、細胞同士をつなぎ合わせる接着剤のような役割です。美肌には必須成分と言われています。

リストアルギニン
肌には、天然保湿因子と呼ばれる。アルギニンは肌の内部でアルギナーゼという酵素によって尿素にも変換されます。このダブル効果によってお肌をプルプルにしてくれるのです。

リストコラーゲン
肌細胞は、水分を除けば、7割がコラーゲンだと言われています。ハリや弾力を与えてくれるということは、みなさんご存じかと思います。しかし、それだけでなく、コラーゲンは水分を維持してくれたり、細胞に酸素や栄養素を供給し、老廃物を排泄させる力もあるのです。コラーゲンが減ると、ヒアルロン酸を保持する力が減少するそうです。美肌にはコラーゲン、これは昔から変わらず不動の人気となっています。

リストヒアルロン酸
ムコ多糖類の一種で、1gで6リットルの水を保持できると言われているくらい、保湿力がずば抜けた成分です。
ヒアルロン酸が減少すれば、コラーゲンやエラスチンも影響を受け、結果的にシワやたるみ、ハリ不足などのトラブルが起きてしまいます。

リストリピジュア
細胞膜をつくるリン脂質に似せて作られた物質です。肌保湿力はヒアルロン酸の2倍とも言われていて、水で洗っても落ちない高性能から、コンタクトレンズの保存液にも使用されています。

リストプロテオグリカン
コラーゲンの間に存在し、水分や栄養素を蓄えてくれます。その保水力はヒアルロン酸の1.3倍。さらには、ターンオーバーを促進してくれる働きもあります。

ジッテプラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です